2021年2月 8日

家族の健康を守る家

化学物質を使用しない自然素材の家は、家族の健康を守ります。


近年建設される住宅は、気密性や断熱性を高めて快適さを追求する一方、シックハウスなど健康への悪影響が問題となっています。

その最大の原因は、建材や内装材、家具などから放出される化学物質。
家族を守るはずの家が、子供たちの病気の原因になることも。


多くの住宅の素材には化学物質がこんなに使用されています!

■ビニール壁紙・接着剤
・ホルムアルデヒド
・アセトアルデヒドなど

■フローリング・床材
・ホルムアルデヒドなど

■断熱材・塗料
・ホルムアルデヒド
・トルエン
・エチルベンゼンなど

日本は、先進国の中でも特に、化学物質過敏症やシックハウス症候群で悩んでいる人たちが非常に多い国です。

これらは、住環境で肌に触れる部分から出ている化学物質が原因になっていますが、実際に病気に悩まされている人たちには、とても切実な問題です。

1954085.jpg

多くの人は、そういう化学物質が健康に悪いことをご存知ですし、自然素材を使った家づくりをすれば、そういう悩みが解決されるものと勘違いしがちです。

『自然素材住宅』という名前が付いているだけで、安心される方も多いでしょう。

しかし、そうした人たちが手にしている自然素材住宅が、本当に健康に良い住環境になっているかといえば、残念ながら、そうはなっていないことが多いのです。

子供たちがアトピーで悩まされないように、健康な家を作ろうと、塩化ビニル製のクロス(通称、塩ビクロス)を使わず、珪藻土の塗り壁にした・・・なんていうお話を、良く聞きます。

TVや新聞で騒がれて以来、塩化ビニル製クロスや合板フローリングなどの石油化学製品で建てた住宅の弊害も、だいぶ広く知られるようになってきました。

しかし残念ながら、子供たちのアトピーがひどかったので自然素材の家づくりにしたにもかかわらず、アトピーが治るどころか、かえって悪化してしまった・・・などという声を聞くことが少なくありません。

石油化学製品を使わない家づくりをしたつもりが、結果的に石油化学製品と似たような素材の家を建てているケースがとても多いのです。

グリーンレーベンスタイルの「本物の自然素材の家」は、こうした有害物質から家族の健康を守る家です。
こだわりの自然素材を厳選しています。

こだわりの自然素材

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント