家づくりでの風水と家の方角

家づくりを考え始めると、
風水などが気になる方も多いかと思います。

よほど詳しい方ならいいのでしょうが、
様々な流派や考え方があるので、

中途半端に調べすぎないことも
大切かと思います。

それ以前に、
日本の四季にあわせた家の間取りの
配置を意識した方が、

結局は暮らしやすい家が
できるのではないでしょうか?


方位学、興味ありますか?


「方位学」には詳しくありませんが、
TV番組などで風水をやっているとついつい見てしまいますね!

芸能人のお宅とか!気になりますよね。

ベッドの向きはどうだとか
この方向にアレが置いてあると運気が下がるとか 笑

そしてめちゃめちゃ気にしてしまいます。


その「方角」ではなく、
もっと単純な「向き」としての
方角について、考えてみましょう。


いい土地のカタチってありますよね。

南側が道路になっていて、真四角で・・・。

そんな場所でも家の配置で、
過ごしやすさが変わってきます。


東西南北を意識した間取り


実家は南側が道路なので
南の窓も東の窓も通路からよく見えます。

南側のリビング。
カーテンを開けていたいのに、

常に閉めておかないと、
覗かれるような気がして。

せっかく明るい窓際のはずが・・・
カーテン閉めっぱなし!

ミラーレースカーテンにしていますが・・・

カーテン全開で明るく過ごせることはありません。


外構で壁を高くしても、

●防犯上よくないこと

●木製フェンスは高くすると風害に耐えられない

・・・ということで、
ギリギリの高さで設置してあるのですが、
やはり外からの視線が気になってしまいます。

人目が気になる場所は
庭の配置や窓のプランも、

はじめからイメージしておくことが
とっても大切ですね。

今住んでいる家は
南側に道路ではなく家があり

窓からお向かいさんとコンニチワ状態で気が抜けず・・・

これまた南側の部屋のカーテン
閉めっぱなしです。 苦笑

家づくりの時はお向かいさん、
お隣さんの窓の配置も気にしてみてくださいね。


2Fは朝日のあたる南東側が
寝室&書斎のスペースになっています。

自然の光でシャキッと目が覚める、
というメリットはあります。

でも、休日にのんびり寝ようかなぁ・・と思っても、

朝日がまぶしく、
なかなか朝寝坊はさせてもらえません。

夏は日差しが強くめちゃめちゃ暑い!!
昼間はエアコンかけても汗ばむくらいで

エアコン代ももったいないので
暑くなってきたら脱出すること多々...

南側の部屋で夏の休日をのんびり過ごすには
1級遮光カーテンと遮熱カーテンは必須です!!

夜勤明けの方も良い眠りのためには是非。

サンシェードなんかもいいですね。

水回りは北側に集中し、
特に困っていることはないです。

工事の都合上、水回りの場所は、
あまりあちこちにしない方がいいそうです。

永く住むにあたっては、
単純な構造の方が、メンテナンスが楽になるからです。

さらに、リビングダイニングは北東側の部屋。

東側の小窓から朝日が差して明るいのですが
夏は朝から暑いです。

西日は入らないはず?と思ったのですが

北側の窓の直ぐそばに
コンクリートフェンスがあるため
夕日の照り返しが家の中に入ってきます。

夏は夕方も暑いです。
コンロも使うのでさらに暑さ倍増!

汗だくで晩御飯を作ります。苦笑

快適に過ごすには
家の方位と窓の配置、

よく考えないといけませんね。


4994547_s.jpg
「こだわり」に「こだわりすぎない」こと


風水などを考慮してでも、
おそらく生活しやすいものになるのでしょうが・・・

あまりにもこだわりすぎると、
生活しにくい動線になってしまうかもしれません。


はじめのこだわり部分にこだわりすぎず、
生活のしやすさを重視するのが良いかもしれませんね。

特に夏の暑さが厳しくなってくると、
毎年、同じことを思ってしまいます。

私たちは太陽や風という
自然とともに生きています。

その動きや自分の生活のしやすさを、
しっかりとイメージしておくことが、

実際に家に暮らし始めてからの後悔を減らします。


方位学、風水などについては、
とっても気になる方も多いようですが・・・

そんなにいじわるな考えのものではないと思います。

ここに植物を飾るとイイとか
玄関にゴルフバック置いちゃダメとか 笑

いつもキレイに保てば運気アップとか。

様々な解決案も提案してくれています。

先人の考えた暮らしやすさの知恵もあるのでしょうね。


家づくりで後悔しないためには、

自分が家の中でどう動きたいのか、
太陽や風の向きはどうなっているのか、

などを考えて、

家の配置を考えてみませんか?