社長の生い立ちと「家づくりへの思い」



syacyouomoitop.jpg



昭和51年に、
姉と弟の三姉弟の長男として生まれる。

幼いころから典型的な
おじいちゃん、おばあちゃん子で
いつも一緒、寝るのも祖父母の間。

見るテレビは演歌と時代劇。

活発というより、どちらかというと穏やかな性格で
(あくまで幼少期の話です)

勉強、運動など何をやっても至って普通、
どこにでもいる普通の子供。

syacyo-1.jpg

これと言って特筆することもなく成長するも、
ある時、


"フツー過ぎる人生"に対し、コンプレックスに陥る。


高校時代に


「俺はこんなことをしている場合じゃない!!」


と、意味もない衝動に駆られ、

旅に出ようと中退を試みるも、
反対する父親の壁にあえなく撃沈...。


地元を離れたい一心で何とか大学に合格したが、
相変わらず名古屋で普通の学生生活...


大学4年生の頃に


「俺はこんなことしている場合じゃない "病" 」


が再び目を覚まし、

自分の知らない世界に行こうと、
何を血迷ったか東京で夜の世界に飛び込むべく、

荷物をまとめるが電車賃がないことに気付く。


仕方なく派遣のバイトで、
夜な夜な働くうちに

気づけば山奥のホテルに
厨房スタッフとして住み込んでしまっていた。

単なる学生の派遣社員ながらも、
幼少のころから家業を手伝わされていたおかげで、

料理の盛り付けや接客をテキパキこなしていると、

syacyo-2.jpg
「料理人にならないか?」


とスカウトされる。

しかしそれまで、毎日のように
"鉄拳"の飛び交う世界を
目の当たりにしてきた自分は、


迷わず逃走。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント