自然そのもの「無垢材」

無垢材とは、「純粋無垢」という言葉の通り、「自然そのもの」の木材のこと。

丸太「集成材」が木板を接着剤で張り合わせてブロック状にした木材であるのに対し、「無垢材」は丸太から切り出したままの自然な状態の木材です。

座ったり寝転んだり、小さい子供が触れる場所だからこそ、接着剤など化学物質を含む素材は一切使用せず、自然そのままの状態の木材を使用します。

アトピーやアレルギーの心配が少なくシックハウスで悩む方の健康を考える上で優しい環境が作れます。

一般的に多く使われている「フローリング」はほとんどが接着剤で何枚か貼り合わせたベニヤ板の表面に薄い木の皮を貼って製品化されています。自然素材ではなく、工業製品です。

大量生産で価格が安い、模様が均一で反りが少ない、施工がラク等のメリットがある反面、接着剤から有害物質が出る、冬は素足で立っていられないほど冷たくなる、湿気や紫外線による劣化が激しくベコベコになってしまう、傷がつくと直らない、といったデメリットがあります。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント